1. HOME
  2. ブログ
  3. 「くだらない」という言葉の語源は大阪湾の昔のお酒の流通が関係するというお話

「くだらない」という言葉の語源は大阪湾の昔のお酒の流通が関係するというお話

下らない

「くだらない」「くだらん」という言葉があります。

つまらない、面白くない、といった意味になるのでしょう。実はこの言葉が生まれた背景には大阪湾の歴史的な仕組みが関与しているのです。

「くだらない」という言葉の語源は「下り酒」とか「戻り酒」

「くだらない」という言葉の語源が「下り酒」とか「戻り酒」に所以するということは皆さん聞いたことがありませんか?これはお酒にまつわるお話なのです。

よくよくこの流通を読み解いてみるとこんな構図が見えてきます。

基本的に灘五郷や伊丹、泉州の酒はおいしく、関東方面で作られたお酒はそれに及ばなかったということが大前提。理由は原料となる水質と、熟練された酒造りの技法があったのでしょう。

ではなぜお酒が「下ったり」「戻ったり」するものなのか?どういう意味なのでしょうか?

「くだってきた酒」は旨かった

大阪湾にある、素晴らしい日本酒の産地では、杉樽が必要となり、奈良では恐ろしいほどの杉の生産が進みました。

奈良県での吉野林業は、このお酒の需要で発展したといっても過言ではないでしょう。流通というのはその時代の産業構造そのものです。

杉は樽へと加工され、大坂へ集中、各蔵元の銘酒が樽詰めされ江戸へと出荷されました。上りものとして江戸ではたいそう人気を呼びました。上方の酒の品質は違ったわけでしょう。各地のお殿様、大名もこぞって上方の酒を好んだと言われます。

そして「下り酒」「戻り酒」なのですが、オーバーフロー(返品)したお酒が上方(大坂)に戻ってくると「案外うまいがな、こっちのほうが」となりました。杉樽によるフーゼル油効果?でお酒が熟成されたのでしょう。「残り物的な存在であったものの」ということになったのです。

下りものは廻船で返品もされたようですが、東海道を江戸から京都、大阪へと陸路をたどったケースも多かったそうです。東海道の移動は、さまざまな宿場を経由します。荷物を減らす上で、要所要所で販売されたのではないかと思われます。

宿場の皆さんは(おそらく安価)な「下りもの」「戻り酒」に舌鼓をうったのでしょう。二重の流通効果が生まれたわけです。大いに学ぶべき点ありますね。

なんとまあ、大阪湾から舟運で運ばれたお酒がこのような効果を生み出したのです。飲んでみたいところです、その「くだった」お酒。

紀伊國屋文左衛門による伝説的「みかん廻船」

和歌山紀州湯浅出身の紀伊國屋文左衛門による伝説的「みかん廻船」ビジネスの例を見てみましょう。

紀州みかんが大豊作だった年、大坂ではみかんの価格が大暴落。

文左衛門は、しこたまみかんを買い占め、都心である江戸へ運んで大儲け。さらに帰りに塩鮭を買い、灘(神戸)と大坂に運んでさらに、となったようです。

菱垣廻船、樽廻船、十組問屋の消滅(天保の改革)までこの黄金ルートは物資を変えて生き残りました。

ここでいう和歌山や灘の役割は、大坂を補完していたとうかがわれます。

得した商人、損した商人、たくさんいらっしゃたことでしょう。

大阪湾はもちろん、河川も含めて舟運がいかに発展していたかがうかがえるお話です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事