1. HOME
  2. 特集
  3. 大阪湾岸に恐竜時代を見た アンモナイトをさがせ

SPECIAL

特集

大阪湾岸に恐竜時代を見た アンモナイトをさがせ

まずは動画を御覧ください

そのあとで考えてみましょう!実は大阪湾でも採取できるという「アンモナイト化石」の物語です。

 

「なんで」その1
アンモナイトってなに?

「なんで」その2
化石って、なに?なんで化石になるの

「なんで」その3
見つかるところと見つからないところがどうしてあるの?


なんでのなんで

 

「なんでの”なんで”?」A
アンモナイトは今のタコ、イカと違うの?

「なんでの”なんで”?」B
アンモナイト化石が見つかる和泉層群ってなに?

「なんでの”なんで”?」C
サンドパイプ?ノジュールってなに?

「なんでの”なんで”?」D
どうしてそん長い時代の間、アンモナイトは活躍できたの?


<映像に登場した生き物たち(登場順)>

・アンモナイト・泥岩・砂岩・サンドパイプ・ノジュール・エリフィラ・カモメガイのなかま・和泉層群・生痕化石・ウナギギンポの赤ちゃん・オオトガリズノキンウミノミの赤ちゃん・ヤガラの赤ちゃん・コバンザメの赤ちゃん・エビの赤ちゃん(ゾエア幼生)・エビの赤ちゃん(フィロゾーマ幼生)・その他の皆さん

 

ジブンゴトへ

 

>>> ヒントがぎっしり!特集関連ブログ(本サイト内)

アンモナイトの活躍した時代はとにかく長い アンモナイト化石は和泉層群にいらっしゃる!?

 

>>> 調べてみよう(リンク集)

「淡路島の和泉層群から産出するアンモナイト類」人と自然の博物館 大阪の鉱物(ドーソン石)2019年2月 「大阪の鉱物(ドーソン石)」阪南市 「銀賞 近畿海事広報協会会長賞 アンモナイト」 アンモナイト化石を用いた課題解決型授業の実践のための化石産地と標本の確保について S 字状アンモナイト:プラビトセラスの顎器の化石の発見について

<新学習指導要領に基づく主なテーマ>
・体験学習
・伝統や文化に関する教育
・国土に関する教育 ほか

<対応が想定できる小 中 高校の単元例>
・小3~理「自由研究」
・小3理「動物のすみか」
・小5理「生命のつながり植物の実や種子のでき方」
・小5理「流れる水のはたらきと土地の変化」
・小5社「日本の国土とわたしたちのくらし」
・小6理「土地のつくりと変化」
・小6理「生物どうしの関わり」
・小6理「生物と地球環境」
・中1理「大地の成り立ちと変化」
・中2理「動物の世界と生物の返還」
・中2理「気象とその変化」
・中3理「生命の連続性」
・中3理「地球と宇宙」
・中3理「自然と人間」
・高1生「バイオームの多様性と分布」
・高1生「生物の特徴」
・高1生「遺伝子とその働き」
・高1生「生物の体内環境」
・高1生「酸と塩基」
・高1社「世界の古代文明と宗教のおこり」
・高2生「生態系とその保全」
・高3化「無機化合物」
・高3生「動物の発生」
・高3生「動物の反応と行動」
・高3生「個体群と生物群集」
・その他